« ディディエ・ドログバ | トップページ | あと2ヶ月  ★★ »

2006年5月29日 (月)

デヤン・スタンコヴィッチ

 底知れぬ豊富な運動量。左右両足から繰り出される正確なキックと高精度のミドルシュート。中盤ならどのポジションでもこなし、攻守ともに抜群の存在感を発揮する、セルビア・モンテネグロのキャプテン―――デヤン・スタンコヴィッチ。ドラガン・ストイコヴィッチ引退後の背番号10である。

 レッドスター在籍時には16歳でチャンピオンズリーグ出場を経験。「早熟の天才」と呼ばれた少年はラツィオ、インテルといったビッグクラブで経験を積み、いつしか国を代表するフットボーラーになった。
 ワールドカップデビューは1998年のフランス大会。19歳の若さで3試合に出場した。しかし、ユーゴスラビア代表として臨んだ最後のワールドカップ予選、2002年日韓大会は欧州予選で敗退してしまう。
 リベンジを果たすべく臨んだドイツワールドカップ欧州予選では、ベルギー、スペインの強豪と同じ組になりながらも、6勝4分けの成績で1位突破を決めた。失点はアウェイのスペイン戦で喫した1点だけという、盤石の戦いぶりである。
 スタンコヴィッチは4-4-2のセントラルMFとして10試合中9試合に出場。欠場した1試合は故障によるもので、ケガさえなければフル出場を遂げて当然の戦力だった。

 今年6月、セルビア・モンテネグロがドイツの地で戦うのは、アルゼンチン、オランダ、コートジボワール。厳しいグループに入ったが、スタンコヴィッチはなんら気にしてはいない。むしろ、対戦を楽しみにしている。なかでも、サネッティ、カンビアッソ、サムエルなどインテルのチームメイトが多いアルゼンチン戦は、特別な感情を持って挑むことになるだろう。スタンコヴィッチは「もちろん、監督に彼らの特徴を教えるつもりだ」と話し、チームメイトとの対戦を歓迎している。
 グループCはアルゼンチン、オランダの勝ち抜けで堅いというのがおおかたの予想である。そんななか、もし番狂わせが起きたなら、その中心にいるのはこの男であることは間違いない。
 ドイツワールドカップは旧ユーゴ時代から数えて2大会ぶり、セルビア・モンテネグロと名前を変えてから初めてのワールドカップになる。国として名をあげるため、スタンコヴィッチの熱きチャレンジが始まる。

« ディディエ・ドログバ | トップページ | あと2ヶ月  ★★ »

コメント

That is understandable that money can make people autonomous. But what to do when one does not have cash? The one way only is to receive the home loans or consolidation loan.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/56485/1986352

この記事へのトラックバック一覧です: デヤン・スタンコヴィッチ:

« ディディエ・ドログバ | トップページ | あと2ヶ月  ★★ »

最近のトラックバック

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31